【ノー・モア・薄毛】毛髪の悩みを解消する育毛剤を賢く購入しよう

ファッションに使える

日本におけるウィッグの歴史について

カツラ

日本では古くから髪は女の命と考える文化がありました。従って、容姿や体型よりも、長く美しい髪を美の基準としていた時代もあったほどです。このような経緯から、薄毛や白髪の女性は古くからウィッグを活用してきました。ある記録によると900年代には女性用のウィッグがすでに存在していたようです。身だしなみに気を使う貴族の女性の間で人気があったと言われています。そして近代に入り、1920年代に初めて男性用のウィッグが販売されました。女性用のウィッグが開発されたのは1980年代になってからだそうです。現在では女性用のウィッグは用途別に細分化され、薄毛対策用や白髪対策用、医療用やファッション用といった具合に分類されています。

今後の動向についての予測

近年、がん患者を中心に医療用のかつらが広く普及するようになりました。多くのがん患者が、がん治療の際に現れる副作用の抜け毛に悩まされています。がんは日本人の死因の第一位に上る、私たちにとって身近な病気です。がん患者を対象としたウィッグとして、つけ毛が付いた帽子が販売されています。このつけ毛帽子は装着が簡単で安価であるため、多くのがん患者が利用しているようです。またファッションとしてのウィッグも若者を中心に人気を集めています。ワンタッチエクステやフルウィッグなどを使えば、ヘアスタイルを自由にアレンジできるだけでなくヘアカラーを変えることができてファッションの幅が広がります。このようにウィッグはますます身近な存在となる傾向があります。